top of page
  • 執筆者の写真Sekishouen 庭と生活を造る

大湫町の大杉

一昨日から大湫町にて、古民家の庭の改修工事に入っています。



この現場も元々あった石を据えなおしたり並べ直したりします。




ひたすら土を入れます。車が入れないところ且つ道路が狭いため、

3トン車で積めるだけ運んできてユンボで入れて、

そこから地道に均していきます。その数10数立米。。。




根気よくやっていきます。



大湫町といえば、先日神社の御神木の大杉が倒れたことでニュースになりました。

じつはこの現場はその神社の道向かいにあります。


いつも手伝いに来てくれている、くさまくらの田村君は大湫に住んでおり、

大湫大杉を応援する若手有志の会のメンバー。

ほかのにもメンバーの中に何人か友人もおり、

他人事とは思えず、先日見事目標を達成したクラウドファンディングにも、

非力ながら支援させていただきました。


が、肝心の現地には実は一度も行っておらず・・、

今日初めて見させていただきました。




いやすごい。。。

本当に根こそぎとはこの事。

幹の太さも思った以上に太かったです。


大きさの割に根があまり張っていないのは、

1300年以上生きた老木のため弱ってしまったのか、

10年ほど前に起きた落雷のせいなのか、

高田宏臣さんの仰るように、土木工事のために弱ってしまったのか・・


原因はいろいろ考えられますが、今はこの大杉が良い形で残っていくことを願っています。






閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

穂垣

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page